ボーケイSM8 発売日は?ツアーでプロトタイプ登場

ツアーの現場でボーケイSM8が登場

ボーケイのSM8のプロトタイプがアメリカPGAツアーで登場しました。
ジョージア州シーアイランドで開催されるRSMクラシックで、ツアープレーヤーが競技でSM8ウェッジを使用する最初のイベントになります。

詳細については、まだ未公表。公式サイトに公開されている画像はこちら↓↓
vokey-sm8

日本ツアーでも最終戦となる日本シリーズJTカップの練習日に、SM8のプロトタイプを手にする選手の姿が目撃されています。

以前からボーケイウエッジを使用している藤田寛之選手もその一人。
藤田選手は今シーズン「ボーケイSM7」のMグラインド(53度)、Fグラインド(58.5度)をセッティングに入れていました。
実際に試打をしていた藤田選手は、しきりに芯を食いやすいことを強調されていました。何かこの辺りが今回のSM8のポイントになっていそうですね。

また、今平周吾や池田勇太、チャン・キム選手らもテストをしているようでした。

ボーケイSM8の特徴は?

ここで登場したウェッジは、すでに入念な準備の上に各プレーヤーに渡されているものですが、ここから更に改良がくわえられ、一般販売に至ることになります。

上で藤田寛之選手が「芯に当たりやすい」ということを強調していたとお伝えしましたが、何やらその辺りが今回のSM8の進化のポイントになっているのではないでしょうか。
アクシネットジャパンインクの担当者の話を付け加えると、今回のSM8は、スピンがどうとかではなくて、“もっと打ちやすいもの”を目指して開発が進んだそうです。スピンなど、ある特定の性能ではなく、その先の“打ちやすい、使いやすい”という、フィーリング面でのブラッシュアップに向かっているんだそうです。

デザイン面では、現行モデルのSM7とはバックフェースデザインがかなり違います。
現時点でのプロトタイプSM8はシンプルデザインで、SM7のような大きな段差はないようです。

もちろん、まだプロトタイプ。今後契約選手らの意見を取り入れて、更なる改良が加えられる可能性はあります。

ボーケイSM8 発売日は?

まだ発売日については、何も発表されていません。今後情報が入り次第、ご紹介させていただきます。

いよいよ動き出したSM8。それに伴って、SM7の在庫処分セールが一斉に始まりました。
amazon-bana
rakuten-bana
yahoo-bana
tyuko-bana