60度ウェッジの使い方は?必要性は?おすすめウエッジは?

wedge-60do
練習場やコースなどで、他の方のキャディバッグを見たときに、60度ウェッジが入っていると、ふと「上級者」なのかな~と思ってしまったりします。
高い球でピンをデッドに狙うアプローチ。アマチュアプレーヤーにとって憧れでもありますが、60度ウエッジの必要性や使い方について考えてみたいと思います。

60度ウェッジの必要性

プロや上級者のような高いロブショットって憧れます。

「あんなのを打つためには60度ウェッジが必要だ!」

ということで購入を検討されている方も多いかと思います。

ただ、60度ウェッジって、意外と使い方が難しかったりします。

まずは60度ウェッジのデメリットからお伝えします。

60度ウェッジのデメリット

jinbutsu-kao-no
・距離感がつかみにくい、ショートしがち
60度ウエッジは、当たり前ですが球が高く上がります。
高く上がることはメリットでもありますが、デメリットでもあります。それは、球が高く上がり過ぎて、距離感を合わせることが難しいということ。
使い始めの頃は、ショートすることが多くなるかと思います。
ですが、それは練習次第で慣れてきますし、むしろ高く上がることは武器になります。

・飛距離が落ちる
今お使いの56度や58度のウエッジと交換してセッティングに入れる場合、当然ながら飛距離が落ちてしまいます。すると、アプローチウエッジやピッチングウェッジとの飛距離の差が出過ぎてしまう可能性があります。
ウッド系、ハイブリッド系、アイアン、ウエッジとどのようなセッティングにしているのかによって、60度ウエッジを入れた方がいいのか、58度や56度にしておいた方がいいのかは変わってきますね。ただ、最近は、アイアンのロフトがストロング化していることで、アイアンの本数が少なくなり、ウェッジを増やす方が多くなっていますので、60度の重要も増えてきました。

60度ウエッジのメリット

jinbutsu-kao-ok
・フェースを開かなくても球が上がる
球を上げたいなというシチュエーションでフェースを開いて打つと、結構な頻度でミスになります。シャンクしてしまうこともありますし、思ったよりも球が飛ばなかったり、飛びすぎてしまったり。色んなミスが出てしまう可能性が高いです。
ですが、60度ウェッジでは開かずに普通に打っても球が上がってくれるので、非常に楽ですね。

・球を思ったところに止めやすい
ラフからのアプローチやバンカー越え、すぐに球を止めたいシチュエーションでは、60度ウエッジは本当に役に立ちます。
プロなんかはセッティングが厳しいこともあり当たり前のように60度ウエッジを入れています。ロブショットを得意とするフィルミケルソンなんて64度のウエッジを入れていますよね。

・飛びすぎないから思い切って攻めていける
思いっきり振っても飛ばないので、思い切って攻めていくことが出来ます。
大きなグリーンでピンが奥に切られているような場合やグリーンの奥がすぐにOBや池といった場合に、なかなか奥まで攻めていくのって難しいですよね。60ヤードほどで距離はないのに、10ヤードもショートしてしまった・・・、なんてこともよくあることです。

・格好いい!!
60度ウエッジを持っているだけでも格好いいですし、練習場でも楽にロブの練習なんかしていたら、それも格好いいですよね!

60度ウエッジの選び方

昔の60度ウエッジというのは、ボールの下をくぐりやすく、いわゆるダルマ落とし状態でボールが飛ばないということが起こりやすかったんです。
ですが、今のウエッジは、逆テーパーになっており重心が高くなっているので、そういったミスが起こりにくくなりました。
また、フェースの上部に当たっても、極端に球が飛ばないというミスが出にくくなっています。
各社、色々と考えられていますので、ちゃんとしたブランドのウエッジであれば、基本的にどれを選択しても大きな失敗はないでしょう。中古で昔のウェッジを選ぶ際には、色々チェックが必要にはなるのかなと思います。

おすすめの60度ウエッジ

・テーラーメイド ミルドグラインド2ウエッジ

テーラーメイド ミルドグラインド2の詳細はこちら
タイガーウッズやダスティンジョンソン、ジェイソンデイなどが使用するテーラーメイドのミルドグラインド2。
鋭いスピン性能とツアーで揉まれたソール形状の組み合わせで、絶対的な信頼を置けるウエッジです。

・キャロウェイ JAWS MD5 ウエッジ

Callaway JAWS MD5 の詳細はこちら
キャロウェイの最新ウエッジ。こちらの激スピンを売りとしています。溝の角がルール内でより鋭角になったことと、フェース面の溝の溝の間に凸型のミーリングが施されていることでボールに食らいつき、激スピンを引き出します。

フィルミケルソンモデルのマックダディが発売

Phil Mickelsonと史上最高のウェッジデザイナーであるRoger Clevelandによって共同制作された最高のウエッジです。

フェース面の前面に溝があるのは、テーラーメイドのウエッジと似ていますね。

Callaway Mack Daddy PM Grind 19 Chrome Wedge

日本での発売予定は発表されていませんので、ミケルソンモデルのウエッジを使いたい方は、フェアウェイゴルフUSAさんをご利用いただければと思います。

ノーメッキウエッジはスピンが効く?

プロのウエッジを見ていると、メッキされていないものを使っている選手が多いのが分かるかと思います。

実は、メッキされていないノーメッキのウエッジの方が溝のエッジが効くので、ボールへの食いつきがとても良いので、打感もいいしスピンも効いてくれます。

メッキというのは、どうしても角に多く付着します。これはメッキを施す過程でどうしてもどうなってしまいます。その結果、溝の角が丸くなってしまいます。すると、ボールへの食いつきが悪くなりスピンが効きにくくなってしまいます。
プロの試合を見ていると、ウエッジでとてもスピンが効いているのは、技術的な部分もありますが、道具の部分もあったりします。

一般のゴルフショップでは、ノーメッキのウエッジはなかなか見ることが出来ませんが、ネット通販でも販売されているお店があります。
人気のボーケイSM7は、日本モデルとしてはノーメッキのモデルの「RAW」はないのですが、USモデルとして販売されています。

ボーケイSM7 RAW(ノーメッキ)

キャロウェイのマックダディ4もノーメッキモデルはUSモデルのみとなります。マックダディのノーメッキはめちゃくちゃスピンが効きますよ。

【10月29日(月)23:59までエントリーでP最大4倍】右用 2018 キャロウェイ マックダディ4 RAW (ノーメッキ) ウェッジ Callaway MD4 US限定 ダイナミックゴールド ツアーイシュー 115 S200

マックダディ フォージド 2019 試打 評価

キャロウェイの最新ウエッジ「マックダディ フォージド」。

マックダディ4で採用された凸のミーリングがボールに噛みついて強烈なスピンをかけます。
また、軟鉄鍛造の素晴らしい打感と打音。打感と飛びが一致するからこそ、距離感が合いイメージを作りやすくなります。
プロや上級者が絶賛するウエッジです。

キャロウェイ MACK DADDY マックダディ フォージド ウェッジ クロムメッキ仕上げ ダイナミックゴールド スチールシャフト [2019年モデル] [有賀園ゴルフ]

実際に使用している方々の口コミ・レビューも集まってきています。
マックダディ フォージドウエッジ(クロムメッキ)使用者の口コミ・レビューはこちら

マックダディ フォージドウエッジ(ツアーグレー)使用者の口コミ・レビューはこちら

キャロウェイ マックダディ4 ノーメッキ

キャロウェイのMD4ウエッジ。劇スピンが魅力でアマチュアにもとても人気になっています。

更なる劇スピンを求めて、ノーメッキモデルも人気です。

ただ、現時点では、日本モデルではメッキされているモデルのみ販売されています。

アメリカでは、ノーメッキモデルも販売されています。
日本からも通販で購入できます。こちらは日本人ご用達のカリフォルニアのショップです。完全日本語対応です↓↓
md4-raw

キャロウェイ MD4 RAW(ノーメッキモデル)

キャロウェイ マックダディ4 口コミ・評価

キャロウェイのマックダディ4ウエッジ。
激スピンがかかるということで非常に話題となっていますが、
もちろんスピン性能だけでなくウエイトバランスも秀逸ですし
ソールのグラインドも選ぶことが出来ますので
ご自身に最適な一本を選ぶことが出来ます。

【新品】【送料無料】【日本仕様・日本正規品】キャロウェイ MD4 ウェッジ クロムメッキ仕上げダイナミックゴールド シャフト装着仕様[Callaway/マックダディ4/MACK DADDY4/シルバー][トゥルーテンパーDynamicGold/DG]

実際に使用を開始している方々の口コミ・評価も集まってきていますが、
やはりスピンが非常に効くという評価が多いですね。
激スピン系は、最初は距離感が合わないかもしれませんが、
慣れれば本当に寄せやすくなりますね。
⇒マックダディ 4 使用者の口コミ・評価はこちら

マックダディ4 スピンがかかるわけ

キャロウェイからマックダディ4が登場しました。

マックダディというと、スピン!ですよね。
ミケルソンがあまりのスピン性能に思わず「MACK DADDY」(スゴイ!)と叫んだことからこの名前が付けられました。

今回のマックダディ4は、
ウェッジに革命を起こしました。
クラブのフェースにある溝というのは凹が当たり前でしたが、
今回は凸があるんです。

通常の溝と溝の間をよく見ると、4本の凸が入っています。
これがボールに食いついて強烈なスピンとなるのです。

これは、現時点では、ルール上問題ないらしいです。
R&Aとやり取りを数回行ってようやくOKが出たみたいですよ。

マックダディ4の詳細はこちら

スピンがかかるウエッジの選び方

ウエッジでキレイにスピンの効いた球を打つことが出来たら
とても格好いいですよね。
もちろん思った通りにスピンで止めることが出来ると
スコアにもつながってきます。

では、スピンの効きやすいウエッジとはどのようなウエッジでしょうか。

高いバックスピンの源は、フェース面の平面精度によります。
フェース面に歪みがないことでボール表面に接触する面積が増え
摩擦効果でスピンが増えるのです。
溝でもスピンの効き方は変わってきますが、
メインなフェースの平面精度です。

以前、劇スピンで話題になった角溝ですが、
シャープな溝の角は、フェース面とボールの間に挟まった芝を切るカッターのような役割を果たします。
ですので、今のウエッジは溝のエッジが規制されて、芝が切れにくくなっているわけです。
そして、溝の役割は、切れた芝や水分を格納する容器になっているのです。

溝のエッジが規制された今、スピンが効くか否かは、
フェース面の平面精度にかかってくるというわけです。