60度ウェッジの使い方は?必要性は?おすすめウエッジは?

wedge-60do
練習場やコースなどで、他の方のキャディバッグを見たときに、60度ウェッジが入っていると、ふと「上級者」なのかな~と思ってしまったりします。
高い球でピンをデッドに狙うアプローチ。アマチュアプレーヤーにとって憧れでもありますが、60度ウエッジの必要性や使い方について考えてみたいと思います。

60度ウェッジの必要性

プロや上級者のような高いロブショットって憧れます。

「あんなのを打つためには60度ウェッジが必要だ!」

ということで購入を検討されている方も多いかと思います。

ただ、60度ウェッジって、意外と使い方が難しかったりします。

まずは60度ウェッジのデメリットからお伝えします。

60度ウェッジのデメリット

jinbutsu-kao-no
・距離感がつかみにくい、ショートしがち
60度ウエッジは、当たり前ですが球が高く上がります。
高く上がることはメリットでもありますが、デメリットでもあります。それは、球が高く上がり過ぎて、距離感を合わせることが難しいということ。
使い始めの頃は、ショートすることが多くなるかと思います。
ですが、それは練習次第で慣れてきますし、むしろ高く上がることは武器になります。

・飛距離が落ちる
今お使いの56度や58度のウエッジと交換してセッティングに入れる場合、当然ながら飛距離が落ちてしまいます。すると、アプローチウエッジやピッチングウェッジとの飛距離の差が出過ぎてしまう可能性があります。
ウッド系、ハイブリッド系、アイアン、ウエッジとどのようなセッティングにしているのかによって、60度ウエッジを入れた方がいいのか、58度や56度にしておいた方がいいのかは変わってきますね。ただ、最近は、アイアンのロフトがストロング化していることで、アイアンの本数が少なくなり、ウェッジを増やす方が多くなっていますので、60度の重要も増えてきました。

60度ウエッジのメリット

jinbutsu-kao-ok
・フェースを開かなくても球が上がる
球を上げたいなというシチュエーションでフェースを開いて打つと、結構な頻度でミスになります。シャンクしてしまうこともありますし、思ったよりも球が飛ばなかったり、飛びすぎてしまったり。色んなミスが出てしまう可能性が高いです。
ですが、60度ウェッジでは開かずに普通に打っても球が上がってくれるので、非常に楽ですね。

・球を思ったところに止めやすい
ラフからのアプローチやバンカー越え、すぐに球を止めたいシチュエーションでは、60度ウエッジは本当に役に立ちます。
プロなんかはセッティングが厳しいこともあり当たり前のように60度ウエッジを入れています。ロブショットを得意とするフィルミケルソンなんて64度のウエッジを入れていますよね。

・飛びすぎないから思い切って攻めていける
思いっきり振っても飛ばないので、思い切って攻めていくことが出来ます。
大きなグリーンでピンが奥に切られているような場合やグリーンの奥がすぐにOBや池といった場合に、なかなか奥まで攻めていくのって難しいですよね。60ヤードほどで距離はないのに、10ヤードもショートしてしまった・・・、なんてこともよくあることです。

・格好いい!!
60度ウエッジを持っているだけでも格好いいですし、練習場でも楽にロブの練習なんかしていたら、それも格好いいですよね!

60度ウエッジの選び方

昔の60度ウエッジというのは、ボールの下をくぐりやすく、いわゆるダルマ落とし状態でボールが飛ばないということが起こりやすかったんです。
ですが、今のウエッジは、逆テーパーになっており重心が高くなっているので、そういったミスが起こりにくくなりました。
また、フェースの上部に当たっても、極端に球が飛ばないというミスが出にくくなっています。
各社、色々と考えられていますので、ちゃんとしたブランドのウエッジであれば、基本的にどれを選択しても大きな失敗はないでしょう。中古で昔のウェッジを選ぶ際には、色々チェックが必要にはなるのかなと思います。

おすすめの60度ウエッジ

・テーラーメイド ミルドグラインド2ウエッジ

テーラーメイド ミルドグラインド2の詳細はこちら
タイガーウッズやダスティンジョンソン、ジェイソンデイなどが使用するテーラーメイドのミルドグラインド2。
鋭いスピン性能とツアーで揉まれたソール形状の組み合わせで、絶対的な信頼を置けるウエッジです。

・キャロウェイ JAWS MD5 ウエッジ

Callaway JAWS MD5 の詳細はこちら
キャロウェイの最新ウエッジ。こちらの激スピンを売りとしています。溝の角がルール内でより鋭角になったことと、フェース面の溝の溝の間に凸型のミーリングが施されていることでボールに食らいつき、激スピンを引き出します。

サンドウエッジがうまく打てない

ドライバーでナイスショット。アイアンもそこそこうまくいってグリーン周りまで運ぶ。でもグリーン周りでチャクチャクして、結局ダボやトリ。そんなゴルフをよく見かけます。グリーン周りからのウエッジがうまくいかない方って結構多いかと思います。

そんな方々は、バウンスの使い方を分かっていない方が多いですね。というか、バウンスが何のためにあるのか分かっていません。バンカーだけでなく、芝生の上からでもバウンスを使うことが出来れば、アプローチは本当に簡単に寄せることが出来るようになります。

打ち方ですが、アベレージゴルファーの方は、サンドウエッジでもフェースを開かない方がいいです。シャンクするかトップするだけです。スクエアに構えましょう。バンカーでもフェアウェイでもラフでもスクエアに構えるのが一番簡単です。

使うウエッジは、スクエアに構えてもバウンスが効くものにしましょう。人気のタイトリストボーケイであれば、バウンスを様々選ぶことが出来ます。プロが使っているからと言って、開かないとバウンス効果が発揮されないM・LグラインドはNG。普通に構えてバウンス効果が得られるF・S・Kグラインドが良いでしょう。

あとは芝生の上を滑らすようにアプローチショットをするだけ。軌道は、V字ではなくU時のイメージです。すると、ダフッたり、トップしたり、シャンクする可能性は極端に少なくなり、一回でグリーンにオンしてピンに寄っていくでしょう。


スポンサードリンク


ボーケイSM7で最もやさしいグラインドは?

ボーケイSM7が発売開始されました。

《あす楽》タイトリスト ボーケイ SM7 ツアークロム NS−PRO950GH ウェッジ

選ぶ際には、ロフト角はもちろんですが、グラインドを選ぶ必要があります。そのグラインドは6種類。一体どれを選べばいいのか、初心者はもちろんですが、アベレージゴルファーや中級者での迷うところです。そこで、今回はやさしいグラインドはどれなのかをご紹介します。

最もオートマチックに打つことができて、ソールを開いたりしなくてもバウンスが効いてくれるのが、Fグラインド。
sm7-f
ソール面が削られておらず、広いソールがバンカーでもラフでもやさしくボールを運んでくれます。

また、Kグラインドも非常に幅広ソールとなっており、これはとにかくバンカーが苦手な方におすすめなグラインドです。
sm7-k

キャロウェイ マックダディ4 ノーメッキ

キャロウェイのMD4ウエッジ。劇スピンが魅力でアマチュアにもとても人気になっています。

更なる劇スピンを求めて、ノーメッキモデルも人気です。

ただ、現時点では、日本モデルではメッキされているモデルのみ販売されています。

アメリカでは、ノーメッキモデルも販売されています。
日本からも通販で購入できます。こちらは日本人ご用達のカリフォルニアのショップです。完全日本語対応です↓↓
md4-raw

キャロウェイ MD4 RAW(ノーメッキモデル)

ウエッジを4本入れる場合のロフト

最近、アイアンのロフトがストロング化されてきており、
PWとAW(PS)SWのギャップが大きくなってきています。
それに伴って、ウエッジを3本から4本に増やす方が多くなってきています。

例えば、2017年非常に売れたヤマハのインプレスUD+2アイアン。
超ストロングロフトのぶっ飛び系アイアンなのですが、PWのロフト角が38度。その下には、AW(43度)AS(49度)SW(55度)というウエッジの構成となっています。
もちろんこれらをフルセットで購入するのであれば問題ないのですが、PWまでのセットで購入するのであれば、ウエッジをご自身で揃えなければいけません。

また、ぶっ飛び系アイアンでなくても、
最近は7番で30度~32度くらいのアイアンが増えてきていますし、
プロでも使用している選手が増えてきています。
例えば、SRIXON Z565アイアン。プロも使用するモデルですが、アマからも非常に人気があるモデルです。
このアイアンは、PWのロフトが44度です。
こういったツアーモデルのアイアンを使う方というのは、AWを52度、SWを58度というセッティングにしている方が多いです。そうなると、PWとAWの間に48度のウエッジを入れたいところです。

このように今の時代のアイアンを使うと、どうしてもウエッジは4本体制になってきますね。

人気のタイトリストボーケイなら、そういったロフト角もラインナップされています。

ボーケイSM6 の詳細はこちら

ウエッジの本数の決め方

ここ数年でアイアンのロフト角が、随分とストロングになってきました。

ぶっ飛び系アイアンと言われる超ストロングロフトの場合、7番で26度、PWが38度くらい。

最近プロでも使用する選手が多く、アマチュアでも使用している方が多いややストロングロフトのアイアンの場合、7番で31度、PWで44度くらい。

こういったアイアンの場合、PWとAW、SWのロフト間にかなり大きなギャップができます。

SWが58度であれば、AWは52度前後を入れる方が多いでしょう。そうすると、超ストロングロフトアイアンであれば、もう2本48度と44度くらいのウエッジを入れるべきでしょう。ややストロングロフトであれば、48度くらいのウエッジを入れるべきでしょう。

ですので、超ストロングロフトアイアンであれば、ウエッジは5本。
ややストロングロフトアイアンであれば、ウエッジは4本。
というセッティングになってくるでしょう。

マックダディ4 スピンがかかるわけ

キャロウェイからマックダディ4が登場しました。

マックダディというと、スピン!ですよね。
ミケルソンがあまりのスピン性能に思わず「MACK DADDY」(スゴイ!)と叫んだことからこの名前が付けられました。

今回のマックダディ4は、
ウェッジに革命を起こしました。
クラブのフェースにある溝というのは凹が当たり前でしたが、
今回は凸があるんです。

通常の溝と溝の間をよく見ると、4本の凸が入っています。
これがボールに食いついて強烈なスピンとなるのです。

これは、現時点では、ルール上問題ないらしいです。
R&Aとやり取りを数回行ってようやくOKが出たみたいですよ。

マックダディ4の詳細はこちら

ウエッジ ノーメッキ

アイアンやウエッジは、基本的にメッキ処理が施されています。
メッキによって錆びを防ぐことが出来ます。

ただ、メッキの特性として、
角に多くメッキされてしまい、丸まってしまうデメリットもあります。
ウェッジの角がボールに噛みにくくなって、スピンがかかりずらくなってしまうのです。

プロの選手の中には、スピン性能を重視して
メッキを施さずに使用している方も多いです。

市販されているウェッジでもノーメッキのものがあります。
ノーメッキのウエッジと言えば、フォーティーンですよね↓↓

【メーカーカスタム】フォーティーン RM-22 ウェッジ ノーメッキ・マットブラック仕上げ(黒ヘッド) [ダイナミックゴールド シリーズ] DG/DG SL/GS 95/GS 85 スチールシャフト FOURTEEN RM22DYNAMIC GOLD

サンドウエッジ 角度 選び方

サンドウエッジのロフト角として
56度58度60度辺り。

ツアープロのセッティングを見ていると
58度~60度くらいにしている選手が多いですね。
アメリカツアーでは、60度以上にしている選手も多いです。

私たちアマチュアはどうすればいいのか?

技術レベルにもよりますが、
ロフトは寝ているほど難しくなります。
アベレージゴルファーが60度を使うと
距離感を合わせにくくなってしまいます。
球が上がり過ぎて距離が合わなかったり、
下をくぐってしまったり、
さらには芯に当てることが難しいです。
初心者であれば、56度が一番使いやすいです。

アマチュアゴルファーがプレーするようなセッティングでは、
60度で球を上げなければいけないような場面ってほとんど遭遇しません。
56度で十分と言えるでしょう。
それでも、もう少し球を上げたいという方は58度がいいのではないでしょうか。

バンカーから確実に出せるサンドウエッジ

バンカーから簡単に出せるサンドウエッジってない??
そんな質問ってこれまでに何回受けたことがあるでしょうか・・・。

プロも使用する使いやすいウエッジを作るフォーティーンが
簡単にバンカーから出せるウエッジを発売しました。

【9/20朝9時59分までポイント最大25倍】フォーティーン FOURTEEN D-036 ウェッジ N.S.PRO 950GH HT スチールシャフト 2017年モデル日本正規品
ソール幅が非常に広く、
芝の上ではソールが滑ってくれて
簡単にボールを上げることが出来ます。

バンカーではアバウトにダフらせるだけで
砂が爆発してバンカーを脱出させることが出来ます。