ふるさと納税 TALONウェッジ TW-202 藤本技工

日本のゴルフクラブ発祥の地である兵庫県市川町。
この市川町にふるさと納税をするとゴルフクラブを貰うことが出来るということで、ゴルファーの中ではかなり有名になってきています。

以前、このサイトでもご紹介しましたが、
藤本技工さんのTALONウエッジが非常に人気の商品となっているのですが、
新しいモデルTALONウェッジ TW-202 も返礼品としていただくことが出来るようになりました。

【ふるさと納税】藤本技工製 ゴルフクラブ TALONウェッジ TW-202
シャフト軸線状に重心を近づけることによって、操作性が格段に向上しています。
さらにソールのトウヒールを最大限まで落とした“トラぺゾイドソール”で、アプローチからフルショットに至るまで抜群の抜けの良さを実現しています。

ふるさと納税でミズノT7ウェッジがもらえます

ふるさと納税の返礼品でゴルフ用品やゴルフ場利用券がもらえる自治体が増えてきています。

その一例として、岐阜県富加町では、ミズノのツアーモデルウエッジT7を貰うことが出来ます。

【ふるさと納税】ゴルフ ミズノ mizuno T7 ウェッジ MODUS3 WEDGE 105 スチールシャフト
ふるさと納税では、寄付をした金額から2000円を引いた額が
翌年の税金から控除されます(所得により控除に上限は変動)。
ですので、将来払う税金を他の市町村に前払いしているような感じです。

控除されない2000円が実質の負担となりますが、
たった2000円でミズノのT7ウェッジを手に入れることが出来るということになります。
今、このウェッジを最もお得に手に入れる方法は、ふるさと納税だということです。

このウェッジが欲しかった方は、是非ご検討を!

マックダディ4 スピンがかかるわけ

キャロウェイからマックダディ4が登場しました。

マックダディというと、スピン!ですよね。
ミケルソンがあまりのスピン性能に思わず「MACK DADDY」(スゴイ!)と叫んだことからこの名前が付けられました。

今回のマックダディ4は、
ウェッジに革命を起こしました。
クラブのフェースにある溝というのは凹が当たり前でしたが、
今回は凸があるんです。

通常の溝と溝の間をよく見ると、4本の凸が入っています。
これがボールに食いついて強烈なスピンとなるのです。

これは、現時点では、ルール上問題ないらしいです。
R&Aとやり取りを数回行ってようやくOKが出たみたいですよ。

マックダディ4の詳細はこちら

ふるさと納税 ウェッジ 藤本技工

兵庫県市川町は、日本のアイアン発祥の地として知られています。
その市川町で軟鉄鍛造アイアン・ウエッジにこだわって作り続けている藤本技工。
ゴルフダイジェストとコラボして作られたTALONウェッジが
ふるさと納税の返礼品で手に入ります。

兵庫県市川町 TALONウェッジ

ミズノ T7 ウエッジ 口コミ・評価

ミズノのプロ使用モデルウェッジ。

【即納!】ミズノ T7 ウェッジ Dynamic Gold スチールシャフト[日本仕様][mizuno][TRUE TEMPER]【あす楽対応】

プロも使用するモデルのウエッジで
構えやすく安心感があります。
プロや上級者の要求にも応えられる操作性の良さも秀逸です。

実際に使用している方々の口コミ・評価もご覧ください。
⇒ミズノ T7 ウエッジ 使用者の口コミ・評価はこちら

ふるさと納税 丸山茂樹 ウェッジ 限定モデル

ゴルフクラブ発祥の地兵庫いちかわでは、
ふるさと納税をすると、返礼品としてウェッジを下さいます。

そのウェッジは、丸山茂樹プロがプロデュースしたウェッジ。

丸山茂樹プロデュースウエッジ
まるみがあるが、洗練されたシャープさを残す顔つきに、適度なセミグースを採用し、構えたときにやわらかく包み込むような安心感を与えてくれます。フェースを開いてもスクエアでも構えやすく、上級者からアベレージゴルファーまで幅広く使用していただけます。
また、職人の技が光るソール形状は、バンスのはね返りも少なく、丸山プロ絶賛の抜けのよさ。銅メッキを入れた4層メッキにより得られる、吸い付くようなやわらかい打感が、ボールコントロールを容易にし、 スコアメイクに重要なショートゲームをやさしくサポートします。

ウエッジ ノーメッキ

アイアンやウエッジは、基本的にメッキ処理が施されています。
メッキによって錆びを防ぐことが出来ます。

ただ、メッキの特性として、
角に多くメッキされてしまい、丸まってしまうデメリットもあります。
ウェッジの角がボールに噛みにくくなって、スピンがかかりずらくなってしまうのです。

プロの選手の中には、スピン性能を重視して
メッキを施さずに使用している方も多いです。

市販されているウェッジでもノーメッキのものがあります。
ノーメッキのウエッジと言えば、フォーティーンですよね↓↓

【メーカーカスタム】フォーティーン RM-22 ウェッジ ノーメッキ・マットブラック仕上げ(黒ヘッド) [ダイナミックゴールド シリーズ] DG/DG SL/GS 95/GS 85 スチールシャフト FOURTEEN RM22DYNAMIC GOLD

サンドウエッジ 角度 選び方

サンドウエッジのロフト角として
56度58度60度辺り。

ツアープロのセッティングを見ていると
58度~60度くらいにしている選手が多いですね。
アメリカツアーでは、60度以上にしている選手も多いです。

私たちアマチュアはどうすればいいのか?

技術レベルにもよりますが、
ロフトは寝ているほど難しくなります。
アベレージゴルファーが60度を使うと
距離感を合わせにくくなってしまいます。
球が上がり過ぎて距離が合わなかったり、
下をくぐってしまったり、
さらには芯に当てることが難しいです。
初心者であれば、56度が一番使いやすいです。

アマチュアゴルファーがプレーするようなセッティングでは、
60度で球を上げなければいけないような場面ってほとんど遭遇しません。
56度で十分と言えるでしょう。
それでも、もう少し球を上げたいという方は58度がいいのではないでしょうか。

バンカーから確実に出せるサンドウエッジ

バンカーから簡単に出せるサンドウエッジってない??
そんな質問ってこれまでに何回受けたことがあるでしょうか・・・。

プロも使用する使いやすいウエッジを作るフォーティーンが
簡単にバンカーから出せるウエッジを発売しました。

【9/20朝9時59分までポイント最大25倍】フォーティーン FOURTEEN D-036 ウェッジ N.S.PRO 950GH HT スチールシャフト 2017年モデル日本正規品
ソール幅が非常に広く、
芝の上ではソールが滑ってくれて
簡単にボールを上げることが出来ます。

バンカーではアバウトにダフらせるだけで
砂が爆発してバンカーを脱出させることが出来ます。

フォーティーン D-036 ウエッジ 評価

フォーティーンのD-036ウエッジ。
ソールが厚く、非常にやさしく使えるウエッジです。

D-036 ウエッジの詳細はこちら

ラフやフェアウェイなど、芝生の上から打つ際には、
ダフることを気にせずに打つことが出来ます。
ここまでソールが厚いと、確実に地面を滑ってくれるので本当にやさしくアプローチできます。

またバンカーでも、かなりアバウトにダフらしても、
砂が爆発してボールがキレイにバンカーから脱出させることが出来ます。

フェース表面は、フォーティーンのミーリング技術で
平面度が高くなっています。
インパクトでフェースにくっついてしっかりとスピンがかかります。