スピンがかかるウエッジの選び方

ウエッジでキレイにスピンの効いた球を打つことが出来たら
とても格好いいですよね。
もちろん思った通りにスピンで止めることが出来ると
スコアにもつながってきます。

では、スピンの効きやすいウエッジとはどのようなウエッジでしょうか。

高いバックスピンの源は、フェース面の平面精度によります。
フェース面に歪みがないことでボール表面に接触する面積が増え
摩擦効果でスピンが増えるのです。
溝でもスピンの効き方は変わってきますが、
メインなフェースの平面精度です。

以前、劇スピンで話題になった角溝ですが、
シャープな溝の角は、フェース面とボールの間に挟まった芝を切るカッターのような役割を果たします。
ですので、今のウエッジは溝のエッジが規制されて、芝が切れにくくなっているわけです。
そして、溝の役割は、切れた芝や水分を格納する容器になっているのです。

溝のエッジが規制された今、スピンが効くか否かは、
フェース面の平面精度にかかってくるというわけです。

マックダディ フォージドウェッジ フェース溝・ミーリング

キャロウェイのマックダディフォージドウエッジの
溝やミーリングについてご紹介します。

従来よりも溝のエッジがシャープになっています。
触ってみると、溝が深くて
エッジが立っているのが分かるくらいです。

これからスピンがかかりやすいという
うたい文句もわかりますね。


マックダディ フォージド ウエッジ の詳細はこちら

マックダディ フォージドウエッジ 試打評価

キャロウェイのマックダディ フォージドウエッジを打ってみました。

すでに、様々なところから
絶賛の声が聞こえてきています。
とにかくスピンが効くということで
私も楽しみにしていました。

実際に打ってみると
「これはおもしろい!」
と唸ってしまいました。

フルショットでスピンが効くのは当たり前ですが、
この戻り方はビックリします。
30ヤードくらいのアプローチでも
ピタッと止まりますし、
ラフからでも止まります。
今はルール非適合となった角溝ウエッジで
アマチュアでも簡単にボールがスピンバックしていましたが
それと同じくらいスピンがかかっています。

また、構えやすいですね。
ストレートネックで
ターゲットにたいして構えやすいです。
リーディングエッジが丸いタイプが苦手な方には
すごくいいのではないでしょうか。


キャロウェイ マックダディ フォージド ウェッジ ミルキークロムメッキ ダイナミックゴールド スチールシャフト 2016年日本正規品【メーカーお取り寄せ】【代引不可】【10P01Oct16】