サンドウエッジ 角度 選び方

サンドウエッジのロフト角として
56度58度60度辺り。

ツアープロのセッティングを見ていると
58度~60度くらいにしている選手が多いですね。
アメリカツアーでは、60度以上にしている選手も多いです。

私たちアマチュアはどうすればいいのか?

技術レベルにもよりますが、
ロフトは寝ているほど難しくなります。
アベレージゴルファーが60度を使うと
距離感を合わせにくくなってしまいます。
球が上がり過ぎて距離が合わなかったり、
下をくぐってしまったり、
さらには芯に当てることが難しいです。
初心者であれば、56度が一番使いやすいです。

アマチュアゴルファーがプレーするようなセッティングでは、
60度で球を上げなければいけないような場面ってほとんど遭遇しません。
56度で十分と言えるでしょう。
それでも、もう少し球を上げたいという方は58度がいいのではないでしょうか。

バンカーの打ち方

バンカーの打ち方で
やはり多くのアマチュアの方が苦労されています。

私自身、実はバンカーショットには苦手意識がありません。
ただ、フェースを開いたりしません。
逆にフェースを開いたりオープンに構えたりすると失敗します。
普通にダフッて打つだけです。
ダフッてしっかりと振りぬきます。
確実にバンカーは出ます。

アゴが高いバンカーでも、
フェースを開いたりしなくても
意外と出てくれるものです。