アプローチは三角形を崩さずにパターのように打つ?

「アプローチは三角形を崩さずにパターのように打つ」と聞いたことはないでしょうか?

確かに、グリーン周りのカラーからや花道からの数ヤードのアプローチはそれでいいかもしれません。振り幅がパターで打つくらいかそれを少し大きくしたくらいならいいでしょう。

しかし、もう少し長いアプローチになってきたら、この打ち方では厳しくなってきます。

三角形を崩さずに上げて戻すだけの方が、正しく元に戻るんじゃない?と思われるかもしれませんが、ゴルフのスイング中には目に見えない重力というものが必ず影響してきます。
必ず体幹を使ってハンドファースト+ヘッドが遅れて降りてくることで、正しくボールにインパクトすることが可能です。ドライバーの打ち方やアイアンの打ち方も全部同じ。正しく体を使ってヘッドにタメを作ってこそ、正しいインパクトが可能です。

私の師匠の三觜喜一プロが解説してくれている動画がありますので、参考にしてみてください。

サンドウエッジがうまく打てない

ドライバーでナイスショット。アイアンもそこそこうまくいってグリーン周りまで運ぶ。でもグリーン周りでチャクチャクして、結局ダボやトリ。そんなゴルフをよく見かけます。グリーン周りからのウエッジがうまくいかない方って結構多いかと思います。

そんな方々は、バウンスの使い方を分かっていない方が多いですね。というか、バウンスが何のためにあるのか分かっていません。バンカーだけでなく、芝生の上からでもバウンスを使うことが出来れば、アプローチは本当に簡単に寄せることが出来るようになります。

打ち方ですが、アベレージゴルファーの方は、サンドウエッジでもフェースを開かない方がいいです。シャンクするかトップするだけです。スクエアに構えましょう。バンカーでもフェアウェイでもラフでもスクエアに構えるのが一番簡単です。

使うウエッジは、スクエアに構えてもバウンスが効くものにしましょう。人気のタイトリストボーケイであれば、バウンスを様々選ぶことが出来ます。プロが使っているからと言って、開かないとバウンス効果が発揮されないM・LグラインドはNG。普通に構えてバウンス効果が得られるF・S・Kグラインドが良いでしょう。

あとは芝生の上を滑らすようにアプローチショットをするだけ。軌道は、V字ではなくU時のイメージです。すると、ダフッたり、トップしたり、シャンクする可能性は極端に少なくなり、一回でグリーンにオンしてピンに寄っていくでしょう。


スポンサードリンク