ブリヂストン ツアーB XW-1とXW-2の違い

ブリヂストンから新しく発売されたウエッジ
ツアーB XW‐1とXW-2。

この二つのウエッジの違いをご紹介したいと思います。

フェースの溝やミーリングは同じで
非常にスピンの効きやすいフェース面となっています。

違いは形状。
XW-1は世界のツアーモデルで定番となっているティアドロップ型。
ソール形状も、開いたり閉じたりしやすく
この辺りもツアープロからの要望によって作られたグラインドです。

XW-2は、グースネックの丸形ヘッド。
ボールを包み込むような優しい顔。
実際に打ってみると、抑え目な弾道で
距離感を出しやすいなという印象です。
日本の芝生にあったグースネックで
アマチュアの方は非常に使いやすい形状だと思います。



ブリヂストン ツアーB XW シリーズ の詳細はこちら

ブリヂストン ツアーB XW-1 XW-2

ブリヂストンのツアーモデルウエッジが
発売開始されました。

ツアーB XW-1、XW-2.

両者ともに、フェース面に注目です。
溝と溝の間に並行で均等にミーリングが施されています。
この加工によって、あらゆる状況下においても
高いスピンを実現します。

ストレートネックのXW-1と
グースネックのXW-2がラインナップされています。


ブリヂストンゴルフ ツアーB XW-1 (ティアドロップ形状)/XW-2(丸型グース形状)シルバー仕上げ ウェッジ [ダイナミックゴールド AMTシリーズ] スチールシャフト BRIDGESTONE TourB XW1/XW2 WEDGE DG X100/S200

RM22 Jスペック バンカーショット 使用感

フォーティーンのRM-22 Jスペックをコースで使用してきました。

この日は、バンカーに入ることが多く、
たくさんバンカーショットをしてきました。

コース内のバンカーは、サラサラの砂が非常に多く柔らかいバンカーと
結構土が締まったようになっているバンカーがあり
両方のテストができました。

結論から言うと、まずまずいい感じでした。
特に硬いバンカーからは非常に良かったです。

私はそれほどフェースは開かずに
自然なスイングでバンカーショットするタイプですが、
ウエッジがきちんと仕事をしてくれて楽にバンカーショットができました。


フォーティーン RM-22 Jスペックの詳細はこちら

フォーティーン RM22 Jスペック 試打評価

フォーティーン RM22 Jスペックの使用感をご紹介します。

fourteem58

58度と52度を使ってみましたが、
比較的大きなヘッドです。

打ってみると、グースネックは使いやすいです。
芝からボールをクリーンにもバンスを使っても
打ちやすいです。

インパクトの感覚としては、
柔らかいというか球離れが遅く感じます。
それによってコントロールがしやすいです。

スピンもかなり効いています。

バンカーではまだ使っていませんので、
またレビューさせていただきます。


フォーティーン RM-22 J.SPEC ウェッジ ダイナミックゴールド スチールシャフト FOURTEEN 2017年日本正規品【あす楽対応】

日本の芝生で打ちやすいウエッジ

私自身、2017年シーズンへ向けて
新しいウエッジを新調しようとあれこれ探しています。

やはり日本の芝生に合うのはグースネックのウエッジということで
最近の流行はグースネックですね。

確かに、私自身も、25年ほど前に競技に出ていて
もっともゴルフのスコアが良かったとき、
グースネックのウエッジを使用していました。

それが流行に乗ってストレートネックのウエッジに替えてから
アプローチが良くなくなっているように感じています。

ということで、ウエッジ候補を
ボーケイのフォージドウエッジと
フォーティーンのRM22Jスペックに絞りました。

【予約】【2017年モデル】Titleist【タイトリスト】VOKEY DESIGN【ボーケイデザイン】FORGED WEDGE【フォージドウェッジ】サテン仕上げ ウェッジ Dynamic Gold/N.S.PRO 950GH


フォーティーンRM-22 Jスペック

フォーティーン RM22 Jスペック

多くの日本プロ選手に使用されているフォーティーンRM-22ウエッジ。

実は、市販されているモデルから
やや手を加えたウエッジを使用している選手が
結構な数いました。

それが市販化されました。
RM-22 Jスペック。

日本のコースでは
ボールが芝の上に浮いていることが多く、
ストレートネックよりもグースの方が
使いやすいのです。

タイガーウッズが世に出てくるまでは
日本ではグースネックのウエッジが多く使われていました。
タイガーがボーケイウエッジを使っていたことで
日本でもボーケイが流行り、ストレートネックのウエッジが
主流となっていきました。

日本のコースに合ったウエッジを選択するなら
フォーティーンのウエッジがオススメ。

また、グースネックがお好みなら
是非Jスペックを使ってみてください。

フォーティーン ゴルフ RM-22 JSPEC ウェッジ ダイナミックゴールド スチールシャフト FOURTEEN RM22 Jスペック【フォーティーン】【ウェッジ】【RM-22】【JSPEC】【ゴルフ】

ホンマTW-Wフォージドウエッジ 2017年モデル

ホンマの最新TW-Wフォージドウェッジ。
TW737シリーズの流れを汲んだウエッジとなっています。

ロフトは、48、50、52、56、58、60。

【メーカーカスタム】 ホンマゴルフ 3代目 NEW TW-W フォージド ウェッジ [VIZARD IB] IB105/IB95/IB85IB105W/95W/85W カーボンシャフト TOUR WORLD ツアーワールド ヴィザード本間ゴルフ ニュー TW W WEDGE

クリーブランド RTX F-FORGED ウエッジ 試打評価

クリーブランドのRTXシリーズからNEWモデルが登場しました。
商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
クリーブランド ゴルフ ウェッジ RTX F-FORGED フォージド 送料無料 日本仕様

すでに多くのプロが使用しています。

適度なグースネックが
球をうまく拾ってくれるイメージが沸きやすく
我々アマチュアにはとても優しく使用できます。

また、ワイドソールになっており
芝や砂に潜り過ぎず打点が安定してくれます。

もちろん、軟鉄鍛造の
柔らかな心地よい打感です。

RTXシリーズに共通しますが、
コンピュータ制御によって施されるミーリングにより
安定したスピンも実現してくれます。

グースネック ウエッジ

一昔前、ジャンボ尾崎プロが全盛期には、
ジャンボさんが使用していたグースネックの
ウエッジが流行っていました。

しかし、タイガーウッズが登場して
ボーケイのウエッジが広まってくると
日本でもストレートネックのウエッジが
一般的になっています。

その中でも、やはりグースネックが好きと言う方は
結構多かったりします。
また、日本の芝生の場合、
グースネックの方が向いているというプロもいます。

グースネックのウエッジで
人気モデルをご紹介します。

HONMAのTW―Wフォージドウエッジ。

HONMA TW-W フォージドウエッジの詳細はこちら

オノフ フォージドウエッジ。

オノフ ゴルフ フォージド ウェッジ NSプロ 950GH スチールシャフト ONOFF FO…