ヤマハ RMX ツアーモデル ウエッジ

ヤマハの新しいリミックスシリーズが発表されました。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアン、ウエッジのフルラインナップです。

ウエッジは、藤田寛之プロや谷口徹プロを始め
ヤマハ契約選手たちと2年間にわたるテストの末に完成しました。

発売日は、10月6日です。

●ヤマハ RMX TOURMODEL WEDGE/リミックス ツアーモデル ウェッジスチールシャフト

ウエッジ 売れ筋ランキング 2017年8月

ウエッジの売れ筋ランキングをご紹介します。

今回ご紹介するのは、
ゴルフ雑誌のアルバさんの通販サイトの売れ筋ランキングです。

最も売れているウエッジは、
やはりこのウエッジでした。

【2016年モデル】【タイトリスト】【ツアークローム】VOKEY DESIGN SM6ボーケイ デザイン ウェッジNSPRO 950GH、Dynamic Goldスチールシャフト【Titleist】【日本正規品】

2位は、人気のクリーブランドのこのシリーズ↓↓

クリーブランドRTX-3

3位に来たのは、フォーティーンのこのモデルです↓↓

フォーティーン DJ-33 の詳細はこちら

フォーティーンRM22 口コミ・評価

フォーティーンのRM22.
多くのプロも使用していますし、
アマチュアにも人気があります。

実際に使用している方々の口コミ・評価もたくさん集まっています。
やはり逆テーパーになっていて、球の高さをコントロールしやすい点なども評価されていますね。

⇒フォーティーンRM22 使用者の口コミ・評価はこちら


フォーティーンRM22 の詳細はこちら

ボーケイ SM6 口コミ・評価

タイトリスト ボーケイSM6の口コミ・評価をご紹介します。

世界中のプロ・アマから愛されているボーケイのウエッジ。
中でもSMシリーズは長年ツアーのトッププロたちから
信頼を集めています。

日本の芝には合わないという声も一部には聞こえてきますが
実際に使用している方々からの口コミ・評価はさすがに良い声ばかりですね。
⇒ボーケイSM6 使用者の口コミ・評価はこちら


【6/22朝9時59分までポイント10倍】タイトリスト ボーケイデザイン SM6 ウェッジ ツアークローム仕上げ ダイナミックゴールド 2016年モデル日本正規品【あす楽対応】

ブリヂストン ツアーB XW スピンの効き方

ブリヂストンから新たに発売されるツアーB XW-1とXW-2.

両者のスピンの効かせ方についてご紹介します。

表面の平面精度を高めて、ボールとフェース面の設置面積を増やすことはもちろん、
溝と溝の間に4本の長方形の筋をレーザーミーリング加工しています。
溝のエッジだけでなく、面でのボールのカバーを噛ますことで
スピン性能を向上させようという意図です。

ブリヂストン ツアーB XW-1 の詳細はこちら

スピンがかかるウエッジの選び方

ウエッジでキレイにスピンの効いた球を打つことが出来たら
とても格好いいですよね。
もちろん思った通りにスピンで止めることが出来ると
スコアにもつながってきます。

では、スピンの効きやすいウエッジとはどのようなウエッジでしょうか。

高いバックスピンの源は、フェース面の平面精度によります。
フェース面に歪みがないことでボール表面に接触する面積が増え
摩擦効果でスピンが増えるのです。
溝でもスピンの効き方は変わってきますが、
メインなフェースの平面精度です。

以前、劇スピンで話題になった角溝ですが、
シャープな溝の角は、フェース面とボールの間に挟まった芝を切るカッターのような役割を果たします。
ですので、今のウエッジは溝のエッジが規制されて、芝が切れにくくなっているわけです。
そして、溝の役割は、切れた芝や水分を格納する容器になっているのです。

溝のエッジが規制された今、スピンが効くか否かは、
フェース面の平面精度にかかってくるというわけです。

スピンがかかるウエッジ ランキング 2017

ゴルフダイジェストの2017年1月号にウエッジの特集が組まれていました。

現在発売されている主なウエッジ33本を福永和宏プロが打って、
スピン量や止まるまでの距離を測定しています。
測定には、フライトスコープを使用。
使用ボールは、タイトリストPROV1です。

その特集を元にしたスピンがかかるウエッジランキングです。

一番スピンがかかっていたのは、
タイトリスト ボーケイSM6です。
グラインドにより多少の差はありますが、
抜群のスピン性能です。

【4/6朝9時59分までポイント10倍】タイトリスト ボーケイデザイン SM6 ウェッジ ツアークローム仕上げ ダイナミックゴールド 2016年モデル日本正規品【メーカーお取り寄せ】【代引不可】

ボーケイSM6を実際に使用している方々の口コミ・評価が
ゴルフダイジェストオンラインに多数寄せられています。
⇒ボーケイSM6 実際の使用者の口コミ・評価はこちら

2番目にスピンが効いたウエッジは、
コブラ KINGウエッジ バーサタイルでした。
フェースに食いついて低い弾道でスピンが効きます。

コブラKINGウエッジ バーサタイルの詳細はこちら

3番目は、テーラーメイド ツアープリファードEFです。
2バウンド目のスピンでしっかりと止まってくれるウエッジです。

TAYLOR MADE(テーラーメイド) TOUR PREFERRED EF WEDGE ウエッジ SMOKE仕上げ Dynamic Gold メンズ B1810609 右利き用 ロフト角:58度 番手:WEDGE フレックス:S

フォーティーン RM22 Jスペック 試打評価

フォーティーン RM22 Jスペックの使用感をご紹介します。

fourteem58

58度と52度を使ってみましたが、
比較的大きなヘッドです。

打ってみると、グースネックは使いやすいです。
芝からボールをクリーンにもバンスを使っても
打ちやすいです。

インパクトの感覚としては、
柔らかいというか球離れが遅く感じます。
それによってコントロールがしやすいです。

スピンもかなり効いています。

バンカーではまだ使っていませんので、
またレビューさせていただきます。


フォーティーン RM-22 J.SPEC ウェッジ ダイナミックゴールド スチールシャフト FOURTEEN 2017年日本正規品【あす楽対応】

フォーティーン RM22 Jスペック

多くの日本プロ選手に使用されているフォーティーンRM-22ウエッジ。

実は、市販されているモデルから
やや手を加えたウエッジを使用している選手が
結構な数いました。

それが市販化されました。
RM-22 Jスペック。

日本のコースでは
ボールが芝の上に浮いていることが多く、
ストレートネックよりもグースの方が
使いやすいのです。

タイガーウッズが世に出てくるまでは
日本ではグースネックのウエッジが多く使われていました。
タイガーがボーケイウエッジを使っていたことで
日本でもボーケイが流行り、ストレートネックのウエッジが
主流となっていきました。

日本のコースに合ったウエッジを選択するなら
フォーティーンのウエッジがオススメ。

また、グースネックがお好みなら
是非Jスペックを使ってみてください。

フォーティーン ゴルフ RM-22 JSPEC ウェッジ ダイナミックゴールド スチールシャフト FOURTEEN RM22 Jスペック【フォーティーン】【ウェッジ】【RM-22】【JSPEC】【ゴルフ】

ウエッジのバウンスとは?

「サンドウエッジはバウンスで打つ」
プロや上級者が良く言います。

初心者やアベレージゴルファーには
なかなか理解できない感覚かもしれません。

練習場のきれいなマットの上で練習していると
決してバウンスを意識しなくても
アプローチに苦労しませんので
バウンスを意識することはないかもしれません。

しかし、このバウンスをうまく使うことで
ライが悪い時やバンカー、
もちろんフェアウェイからでも
アプローチが簡単になります。

そもそもバウンスというのは、
バンカーショットの際にウエッジが砂に潜りにくくするために
設計されたそうです。
ソール部分の出っ張りです。
プロのバンカーショットを見ていると
非常にキレイにウエッジが砂から抜けてきますよね。
あれは、バウンスをうまく使って
ヘッドを滑らせて打っているのです。

アプローチの練習をする際に、
リーディングエッジやフェースでボールをとらえる意識ではなく
ボールの手前からソールを滑らす意識で打ってみてください。

バウンスを意識して打ったことがなければ
これまでとは全く違った感覚で
アプローチできることが分かるでしょう。