プロのアプローチ時のスタンス ボールとの距離

プロがアプローチショットを打つ際のアドレスの話。

アマチュアがアプローチでザックリしてしまう要因ともなる話なのですが、アマチュアはスタンスとボールとの距離が遠いのに対して、プロはかなり近く立っています。

以前、松山選手が東北福祉大の後輩にアドバイスしていたのですが、アプローチでのスタンスは絶対にボールと近い方がいい。今のうちに近く立てるようになっておいた方がいいとアドバイスを送っていました。

ややハンドアップ気味に構えてボールに近くたつことで、ダウンスイングでヘッドが垂れてしまいダフるというミスがなくなります。

プロのスイング動画などを見てください。つま先とボールの位置を靴が何足分入るかを見てみるとわかりやすいと思います。
レクサスが提供してくれている松山選手のスイング動画です。

スタンスとボールの位置が非常に近いですよね。

ハンドファーストに変えるのは難しい

ドライバーでもアイアンでもウエッジでも、すべてのゴルフスイングに共通することとして、ハンドファーストに打つということ。

私自身、長年ゴルフのスイングを間違えて覚えており、フリップさせるのが当たり前だと思っていました。

長年、ハンドファーストとは逆の動きをしてしまっていたので、ハンドファーストで球をとらえることが、体の形としてもタイミングとしても全く感覚として掴むことができませんでした。自分では、かなりスイングが変わって、ハンドファーストになっていると思っていても、動画でみると全くできていないという状態が続いていました。

コツとしては、三觜喜一プロが仰る左ハンドルからの切り返しでしょうね。最初は中途半端に左ハンドルをするのではなく、トップまで完璧に左ハンドルを継続すること。そうすれば、切り返しでシャローになり、ハンドファーストでインパクトを迎える形になります。

私自身、これを最初に実践した時の反省点は、最初の指導だけ左ハンドルを切って、トップではすでに右ハンドルになっていたこと。プロのスイングでは、そのようになっているプロも多いですが、最初の内は最後まで左ハンドルを強制的に入れるようにしないとそれまでの癖が取れません。

まずは、完全な左ハンドルからの切り返しで、シャローとハンドファーストの感覚を掴むことが上達への近道だと思います。

ウエッジでシャンクが出る原因は?

ゴルフクラブの中で最もシャンクが出やすいのはウエッジではないでしょうか。

もちろんスイングに原因があるのですが、ゴルフクラブの性質も関係しています。

アイアンの中で最も重心深度が深いのがウエッジ。ロフト角が大きくトゥが後ろの方に伸びているからですね。この重心深度が深いウエッジを真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打ちだそうとしたり、間違った方法でアウトサイドインに振ろうとしたら、フェースは思いっきり開いてしまってヒール側が前に出てシャンクしてしまいます。

短い距離のショートゲームでは、より真っ直ぐ引いて真っ直ぐにボールに当てようとするアマチュアプレーヤーが多いようです。ゴルフクラブは、その性質上真っ直ぐ引いて真っ直ぐ降ろしてきてフェースを真っ直ぐにボールに当てようとすれば、フェースは開いてしまいます。それを球を上げようとしてインパクトにかけてフェースを開こうとしてしまって更にフェースがおかしな方向を向いてシャンクすることが多くなります。

これを治す為には、アプローチであってもヘッドはインサイドから入れなければなりません。球を高く上げる場面でも同じです。インから入ってきたクラブは、インパクトの直前にシャフトが立ってきて、慣性と遠心力の影響でフェースがボールに対してスクエアな状態に戻ってインパクトを迎えます。

このゴルフクラブの動きが分かれば、ドライバーからウエッジまで、すべてのクラブで正しい軌道でスイングすることが出来るでしょう。


スポンサーリンク


アプローチは三角形を崩さずにパターのように打つ?

「アプローチは三角形を崩さずにパターのように打つ」と聞いたことはないでしょうか?

確かに、グリーン周りのカラーからや花道からの数ヤードのアプローチはそれでいいかもしれません。振り幅がパターで打つくらいかそれを少し大きくしたくらいならいいでしょう。

しかし、もう少し長いアプローチになってきたら、この打ち方では厳しくなってきます。

三角形を崩さずに上げて戻すだけの方が、正しく元に戻るんじゃない?と思われるかもしれませんが、ゴルフのスイング中には目に見えない重力というものが必ず影響してきます。
必ず体幹を使ってハンドファースト+ヘッドが遅れて降りてくることで、正しくボールにインパクトすることが可能です。ドライバーの打ち方やアイアンの打ち方も全部同じ。正しく体を使ってヘッドにタメを作ってこそ、正しいインパクトが可能です。

私の師匠の三觜喜一プロが解説してくれている動画がありますので、参考にしてみてください。