2019年モデルのドライバーが凄い

2019年モデルのドライバーが凄い!!

実は、2018年モデルのドライバーも凄いと昨年言われていました。それを上回るドライバーが2019年に続々と登場。2019年モデルは非常に優秀なドライバーが豊作の年となっています。

飛ぶ・曲がらない・上がる・つかまる、全てにおいて、メーカーはルールの範囲内で自由に設計することができるようになっています。

例えば、テーラーメイドM5ドライバー。重心距離が非常に長く飛距離性能に優れているドライバーです。重心距離が長いと飛ぶけどつかまりが悪いヘッドになってしまいます。そこでつかまりを良くするために重心深度を深くしたりするのですが、M5は重心深度は標準的。これによってスピン量が多くならず、ヘッドのパワーをボールに伝えやすくなり、これまた飛距離性能がよくなります。けれどもそれだと普通は球がつかまりませんし、球は上がりません。でも、M5は適度に球が上がりますし、つかまります。これは本当にどうなっているのか不思議ですが、スゴイテクノロジーが隠されているんでしょうね。

また、ブリヂストンのツアーB XD-3ドライバー。このドライバーは、重心距離が短く、重心深度も浅くなっています。こういったドライバーは、操作性が良いのですが、やはりコントロールしにくく、球が上がらない傾向があります。しかし、このXD-3ドライバーは、球は上がるし、ストレート性能が非常に高くなっています。クラウン部分の筋金にその理由があるようですが、これまた素晴らしいドライバーです。

その他にも、PING G410PLUSドライバーやコブラのF9、テーラーメイドM6などなど素晴らしいドライバーが勢ぞろいしています。

飛ぶドライバー2019

スポンサードリンク

コメントを残す