ボーケイSM7で最もやさしいグラインドは?

ボーケイSM7が発売開始されました。

《あす楽》タイトリスト ボーケイ SM7 ツアークロム NS−PRO950GH ウェッジ

選ぶ際には、ロフト角はもちろんですが、グラインドを選ぶ必要があります。そのグラインドは6種類。一体どれを選べばいいのか、初心者はもちろんですが、アベレージゴルファーや中級者での迷うところです。そこで、今回はやさしいグラインドはどれなのかをご紹介します。

最もオートマチックに打つことができて、ソールを開いたりしなくてもバウンスが効いてくれるのが、Fグラインド。
sm7-f
ソール面が削られておらず、広いソールがバンカーでもラフでもやさしくボールを運んでくれます。

また、Kグラインドも非常に幅広ソールとなっており、これはとにかくバンカーが苦手な方におすすめなグラインドです。
sm7-k

スポンサードリンク

コメントを残す