プロのアプローチ時のスタンス ボールとの距離

プロがアプローチショットを打つ際のアドレスの話。

アマチュアがアプローチでザックリしてしまう要因ともなる話なのですが、アマチュアはスタンスとボールとの距離が遠いのに対して、プロはかなり近く立っています。

以前、松山選手が東北福祉大の後輩にアドバイスしていたのですが、アプローチでのスタンスは絶対にボールと近い方がいい。今のうちに近く立てるようになっておいた方がいいとアドバイスを送っていました。

ややハンドアップ気味に構えてボールに近くたつことで、ダウンスイングでヘッドが垂れてしまいダフるというミスがなくなります。

プロのスイング動画などを見てください。つま先とボールの位置を靴が何足分入るかを見てみるとわかりやすいと思います。
レクサスが提供してくれている松山選手のスイング動画です。

スタンスとボールの位置が非常に近いですよね。

スポンサードリンク

コメントを残す