ハンドファーストに変えるのは難しい

ドライバーでもアイアンでもウエッジでも、すべてのゴルフスイングに共通することとして、ハンドファーストに打つということ。

私自身、長年ゴルフのスイングを間違えて覚えており、フリップさせるのが当たり前だと思っていました。

長年、ハンドファーストとは逆の動きをしてしまっていたので、ハンドファーストで球をとらえることが、体の形としてもタイミングとしても全く感覚として掴むことができませんでした。自分では、かなりスイングが変わって、ハンドファーストになっていると思っていても、動画でみると全くできていないという状態が続いていました。

コツとしては、三觜喜一プロが仰る左ハンドルからの切り返しでしょうね。最初は中途半端に左ハンドルをするのではなく、トップまで完璧に左ハンドルを継続すること。そうすれば、切り返しでシャローになり、ハンドファーストでインパクトを迎える形になります。

私自身、これを最初に実践した時の反省点は、最初の指導だけ左ハンドルを切って、トップではすでに右ハンドルになっていたこと。プロのスイングでは、そのようになっているプロも多いですが、最初の内は最後まで左ハンドルを強制的に入れるようにしないとそれまでの癖が取れません。

まずは、完全な左ハンドルからの切り返しで、シャローとハンドファーストの感覚を掴むことが上達への近道だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す