ノーメッキウエッジはスピンが効く?

プロのウエッジを見ていると、メッキされていないものを使っている選手が多いのが分かるかと思います。

実は、メッキされていないノーメッキのウエッジの方が溝のエッジが効くので、ボールへの食いつきがとても良いので、打感もいいしスピンも効いてくれます。

メッキというのは、どうしても角に多く付着します。これはメッキを施す過程でどうしてもどうなってしまいます。その結果、溝の角が丸くなってしまいます。すると、ボールへの食いつきが悪くなりスピンが効きにくくなってしまいます。
プロの試合を見ていると、ウエッジでとてもスピンが効いているのは、技術的な部分もありますが、道具の部分もあったりします。

一般のゴルフショップでは、ノーメッキのウエッジはなかなか見ることが出来ませんが、ネット通販でも販売されているお店があります。
人気のボーケイSM7は、日本モデルとしてはノーメッキのモデルの「RAW」はないのですが、USモデルとして販売されています。

ボーケイSM7 RAW(ノーメッキ)

キャロウェイのマックダディ4もノーメッキモデルはUSモデルのみとなります。マックダディのノーメッキはめちゃくちゃスピンが効きますよ。

【10月29日(月)23:59までエントリーでP最大4倍】右用 2018 キャロウェイ マックダディ4 RAW (ノーメッキ) ウェッジ Callaway MD4 US限定 ダイナミックゴールド ツアーイシュー 115 S200

スポンサードリンク

コメントを残す