ウエッジの本数の決め方

ここ数年でアイアンのロフト角が、随分とストロングになってきました。

ぶっ飛び系アイアンと言われる超ストロングロフトの場合、7番で26度、PWが38度くらい。

最近プロでも使用する選手が多く、アマチュアでも使用している方が多いややストロングロフトのアイアンの場合、7番で31度、PWで44度くらい。

こういったアイアンの場合、PWとAW、SWのロフト間にかなり大きなギャップができます。

SWが58度であれば、AWは52度前後を入れる方が多いでしょう。そうすると、超ストロングロフトアイアンであれば、もう2本48度と44度くらいのウエッジを入れるべきでしょう。ややストロングロフトであれば、48度くらいのウエッジを入れるべきでしょう。

ですので、超ストロングロフトアイアンであれば、ウエッジは5本。
ややストロングロフトアイアンであれば、ウエッジは4本。
というセッティングになってくるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す