ウエッジでシャンクが出る原因は?

ゴルフクラブの中で最もシャンクが出やすいのはウエッジではないでしょうか。

もちろんスイングに原因があるのですが、ゴルフクラブの性質も関係しています。

アイアンの中で最も重心深度が深いのがウエッジ。ロフト角が大きくトゥが後ろの方に伸びているからですね。この重心深度が深いウエッジを真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打ちだそうとしたり、間違った方法でアウトサイドインに振ろうとしたら、フェースは思いっきり開いてしまってヒール側が前に出てシャンクしてしまいます。

短い距離のショートゲームでは、より真っ直ぐ引いて真っ直ぐにボールに当てようとするアマチュアプレーヤーが多いようです。ゴルフクラブは、その性質上真っ直ぐ引いて真っ直ぐ降ろしてきてフェースを真っ直ぐにボールに当てようとすれば、フェースは開いてしまいます。それを球を上げようとしてインパクトにかけてフェースを開こうとしてしまって更にフェースがおかしな方向を向いてシャンクすることが多くなります。

これを治す為には、アプローチであってもヘッドはインサイドから入れなければなりません。球を高く上げる場面でも同じです。インから入ってきたクラブは、インパクトの直前にシャフトが立ってきて、慣性と遠心力の影響でフェースがボールに対してスクエアな状態に戻ってインパクトを迎えます。

このゴルフクラブの動きが分かれば、ドライバーからウエッジまで、すべてのクラブで正しい軌道でスイングすることが出来るでしょう。


スポンサーリンク


スポンサードリンク

コメントを残す