ウエッジ 人気 ランキング

第一位:タイトリスト ボーケイSM7

タイガーウッズが全盛期の頃、日本でもボーケイブームが到来。それ以降、圧倒的な人気を誇ります。
ソールの削り方(グラインド)の人気は、
多くのプロも採用しているMグラインド。
やや広い溝とミーリングにより安定したスピンがかかります。
⇒ SM7 使用者の口コミ・評価はこちら

第二位:クリーブランドRTX-4

人気のクリーブランドの最新モデルです。
フェース面に施されたミーリングが効いて、ボールへの食いつきが非常にいいです。RTX-3と比較しても打感がまるで違います。もちろんスピンがかなり効いてくれます。 また、ラフからやボールが濡れた状態でも深い溝の効果でスピンが抜けてしまうのを防いでくれます。
⇒クリーブランド RTX-4 使用者の口コミ・レビューはこちら

第三位:キャロウェイ マックダディ4

キャロウェイ契約プロが使用するモデルで、今発売されているルール適合ウエッジの中で最もスピンが効くと言われています。特徴は、フェース面に施された凸凹。これまでのウエッジの常識では、凹の溝だけでしたが、凸を作ることでより大きなスピン量を発生させることが出来ます。
⇒ MD4 使用者の口コミ・評価はこちら

第四位:フォーティーン RM22

多くの日本人プロが使用していることもあり、ボーケイと並んで人気のモデルです。
インパクトでのフェースに食いつく感じがあり、しっかりとスピンが効いている感触が強いです。
元祖激スピンのフォーティーンの工夫が詰まったウエッジです。
⇒フォーティーンRM22 使用者の口コミ・評価はこちら

ヨネックス EZONE W 501 ウェッジ が新発売

ヨネックスから新しいウエッジが新発売されます。発売されるのは「EZONE W501」ウエッジです。

このウエッジの注目ポイントは、フェースにあります。キャロウェイのマックダディ4に搭載されている溝と溝の間の凸と同じようなものがあり、強烈なスピン性能を有しているとのことです。そして、それが「鍛造製法で仕上げた」ことが凄いことなんだそうです。

「日本製の超精密鍛造だから成し得たこの微細凸ラインがインパクト時にボール表面に食いつき、スピン性能を向上させます。ウェット時にも凸ラインが排水機能を果たし、ボールが上滑りしにくいため、ドライ時とウェット時のスピン量や飛距離の差が少なく、天候に左右されずにハイスピンで安定したショットを打つことができます」(ヨネックス広報)。

EZONE W501の凸とマックダディ4の凸のどちらが優れているのか、どのような違いがあるのかはよくわかりませんが、とにかくスピンは非常に効きそうなウエッジですね。

ヨネックス EZONE W 501ウェッジ N.S.PRO MODUS3 WEDGE 115 シャフト

ウエッジでシャンクが出る原因は?

ゴルフクラブの中で最もシャンクが出やすいのはウエッジではないでしょうか。

もちろんスイングに原因があるのですが、ゴルフクラブの性質も関係しています。

アイアンの中で最も重心深度が深いのがウエッジ。ロフト角が大きくトゥが後ろの方に伸びているからですね。この重心深度が深いウエッジを真っ直ぐ引いて真っ直ぐ打ちだそうとしたり、間違った方法でアウトサイドインに振ろうとしたら、フェースは思いっきり開いてしまってヒール側が前に出てシャンクしてしまいます。

短い距離のショートゲームでは、より真っ直ぐ引いて真っ直ぐにボールに当てようとするアマチュアプレーヤーが多いようです。ゴルフクラブは、その性質上真っ直ぐ引いて真っ直ぐ降ろしてきてフェースを真っ直ぐにボールに当てようとすれば、フェースは開いてしまいます。それを球を上げようとしてインパクトにかけてフェースを開こうとしてしまって更にフェースがおかしな方向を向いてシャンクすることが多くなります。

これを治す為には、アプローチであってもヘッドはインサイドから入れなければなりません。球を高く上げる場面でも同じです。インから入ってきたクラブは、インパクトの直前にシャフトが立ってきて、慣性と遠心力の影響でフェースがボールに対してスクエアな状態に戻ってインパクトを迎えます。

このゴルフクラブの動きが分かれば、ドライバーからウエッジまで、すべてのクラブで正しい軌道でスイングすることが出来るでしょう。


スポンサーリンク


ボーケイ フォージド 発売日

タイトリスト ボーケイにNEWモデル「VOKEY FORGED」が発売開始となります。

今回のフォージドは、Co-Forging(精密ハイテクノロジー鍛造)という技術で、タングステンやチタンを配置し精密に鍛造。重たいタングステンや軽いチタンを正確に配置して、重心をさらに打点に近づけるべくフェースセンター寄りにしています。
見た目はシンプルで格好いいウエッジですが、中身はハイテクで最新技術を使ったクラブとなっています。

発売日は、3月22日です。

谷原秀人 2019年使用するウエッジは?

谷原秀人選手が2019年に使用するウエッジをインスタグラムで紹介してくれました。

今年のクラブセッティング️‍♂️ #honmagolf

Hideto Taniharaさん(@hidetotanihara)がシェアした投稿 –

アイアンは、10番アイアンまで入れており、10番アイアンはTW747Pアイアンです。

その下に、49度55度59度のホンマTW-Wの最新モデルを入れています。
市販品では、このロフト設定がありませんし、ノーメッキで使っていますので、プロトタイプということになります。

ホンマTW-W 最新モデルの詳細はこちら

フィルミケルソンモデルのマックダディが発売

Phil Mickelsonと史上最高のウェッジデザイナーであるRoger Clevelandによって共同制作された最高のウエッジです。

フェース面の前面に溝があるのは、テーラーメイドのウエッジと似ていますね。

Callaway Mack Daddy PM Grind 19 Chrome Wedge

日本での発売予定は発表されていませんので、ミケルソンモデルのウエッジを使いたい方は、フェアウェイゴルフUSAさんをご利用いただければと思います。

ハイ トゥ ウエッジが日本でも発売

これまで日本では発売されていなかったテーラーメイドのミルドグラインド HI TOE ウエッジが、遂に日本でも発売されました。

世界のトッププロたちが使うウエッジ。ダスティンジョンソン、ローリーマキロイ、ジャスティンローズ、ジョンラームと言った、まさに世界のトップが絶大な信頼を寄せています。
taylor-mild-toe-up

テーラーメイド HI TOE ウエッジ の詳細はこちら

一見すると、変わった形状のウエッジ。
トゥを高くすることで、ヒール寄りになっている重心をセンターに近づけました。
また、キャビティ部分をポケット形状にして軽量化することで、重心を高くしています。それによって当たり負けを防ぐことが出来、最適なスピン性能を実現しています。

また、フェースの溝ですよね。
taylor-hitoe-face
開いてロブを打つときなど、プロや上級者はトゥの高い部分でボールを捉えたりします。そういったときにも、フェース全面に溝があることで安定したスピンを実現します。

テーラーメイド ミルドグラインド RAW ノーメッキ

タイガーウッズも使っているテーラーメイドのMilled Grind RAW。
人気のミルドグラインドウエッジのノーメッキモデルです。
日本では販売されていませんが、フェアウェイゴルフUSAさんで購入することが出来ます。

テーラーメイド ミルドグラインド RAW(ノーメッキ)

ボーケイ Limited 60 T Grind ウエッジ

日本では未発売の限定モデルをご紹介します。
ボーケイの60度ウエッジのTグラインドです。
Tグラインドは、ソール後部が大きくグラインドされているためオープンに構えやすく、ロブショットに優位性があります。固いフェアウェイ、芝の薄いライで効果を発揮します。

ボーケイ Tグラインドウエッジ 60度

ノーメッキウエッジはスピンが効く?

プロのウエッジを見ていると、メッキされていないものを使っている選手が多いのが分かるかと思います。

実は、メッキされていないノーメッキのウエッジの方が溝のエッジが効くので、ボールへの食いつきがとても良いので、打感もいいしスピンも効いてくれます。

メッキというのは、どうしても角に多く付着します。これはメッキを施す過程でどうしてもどうなってしまいます。その結果、溝の角が丸くなってしまいます。すると、ボールへの食いつきが悪くなりスピンが効きにくくなってしまいます。
プロの試合を見ていると、ウエッジでとてもスピンが効いているのは、技術的な部分もありますが、道具の部分もあったりします。

一般のゴルフショップでは、ノーメッキのウエッジはなかなか見ることが出来ませんが、ネット通販でも販売されているお店があります。
人気のボーケイSM7は、日本モデルとしてはノーメッキのモデルの「RAW」はないのですが、USモデルとして販売されています。

ボーケイSM7 RAW(ノーメッキ)

キャロウェイのマックダディ4もノーメッキモデルはUSモデルのみとなります。マックダディのノーメッキはめちゃくちゃスピンが効きますよ。

【10月29日(月)23:59までエントリーでP最大4倍】右用 2018 キャロウェイ マックダディ4 RAW (ノーメッキ) ウェッジ Callaway MD4 US限定 ダイナミックゴールド ツアーイシュー 115 S200

マックダディ フォージド 2019 試打 評価

キャロウェイの最新ウエッジ「マックダディ フォージド」。

マックダディ4で採用された凸のミーリングがボールに噛みついて強烈なスピンをかけます。
また、軟鉄鍛造の素晴らしい打感と打音。打感と飛びが一致するからこそ、距離感が合いイメージを作りやすくなります。
プロや上級者が絶賛するウエッジです。

キャロウェイ MACK DADDY マックダディ フォージド ウェッジ クロムメッキ仕上げ ダイナミックゴールド スチールシャフト [2019年モデル] [有賀園ゴルフ]

実際に使用している方々の口コミ・レビューも集まってきています。
マックダディ フォージドウエッジ(クロムメッキ)使用者の口コミ・レビューはこちら

マックダディ フォージドウエッジ(ツアーグレー)使用者の口コミ・レビューはこちら